【お知らせ】国産家具 冬のファイナルSALE開催 ~2月25日まで

国産家具で黒い椅子やトレンドのグレーチェアをお部屋のアクセントに

店長
店長

グレー調のインテリアが流行りだして数年、最近は黒やグレーの塗装の椅子がじわじわ人気がでてきました。お部屋全体のトーンに合わせてグレーを選ぶ方やアクセントとして黒を選ぶ方もいます。是非、お部屋の家具選びの参考に。

黒・グレーの椅子が人気の理由

店舗で家具を販売していると増えてきたのが、「グレーか黒の椅子ありますか?」という相談です。セラミックを使ったダイニングテーブルやホテルライクなものだけでなく、木製の家具でも黒やグレーを合わす方が増えてきました。

その一番の理由はグレー調、モノトーンのインテリアがトレンドだからです。トレンドといっても一過性のものではなくこの10年くらいでじわじわときているもので、それに合わせて黒やグレーの内装材が増えてきたことが一番の大きな理由です。

コーディネートのポイント

木製のダイニングテーブルに合わせる場合はダイニングの脚や内装材(壁紙やキッチン、階段の手すりなど)に同じ色があるのが合わせやすいです。

リビングに階段がある方も増え、階段のアイアン部分と色を合わせるという方も非常に増えてきました。↓のようにキッチンや階段などにグレーを使っている家でしたらアクセントにグレーの椅子などを合わせるのもおすすめです。

黒やグレーの塗装対応ができる家具メーカーは?

人気が出てきたとは言え、まだまだ定番ではないため対応できるメーカーは多くありません。基本的には受注生産のメーカーが塗装で対応していることが多く、おすすめのメーカーを紹介します。

ナガノインテリア

一つ目はナガノインテリアです。樹種や塗装の種類が多く、レッドオーク材で黒やグレーを選ぶことが可能です。黒やグレーで塗ると木目があまり見えないため、基本的には樹種の値段が安いレッドオークでしか対応しておりません。

飛騨産業

ビーチ材、ホワイトオークで黒を選ぶことが可能です。グレーはコブリナというシリーズのみで対応が可能です。

YURURIのようなかわいらしいシリーズも黒にすることでお部屋のアクセントに。

最後に

いかがでしたでしょうか。椅子とテーブルを同じ樹種、色で合わせるのは定番ですがお部屋の雰囲気に合わせて黒やグレーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ナガノインテリア 特別SALE開催中!

飛騨産業 特別SALE開催中!